相手の考えていることが分かるようになるスペイン語!

estoy pensando en のスペイン語 Español

師も走りだす月といえば師走。12月。
この年末、あなたもきっと忙しく慌ただしくされているかと思います。
私も仕事やプライベート共にバタバタしており、脳内も疲れMAXです!

「あー、もう何も考えたくない!!!
・・・そういえばスペイン語で考えるって何ていうんだろう?」
と、考えるようになり、とりあえず気分転換に
スペイン語をちょっと勉強することにしました◎

スペイン語で「考える」や「思慮深い」の単語

スペイン語 考える pensar

考える
pensar
(ペンサール)

上の画像みたいにペンギンがペンサール・・で覚えてみたり(`・ω・´)
英語では「think」に当てはまる単語ですね。

このpensarという単語には「考える」の他にも、
【思う】【思考する】【考案する】【思いつく】
などなど、色んな意味があります(^^)

ちなみに、このpensarに近い言葉で

思慮深い
pensativo(ペンサティボ)
pensativa(ペンサティバ)

考え 思考
pensamiento
(ペンサミエント)

というのがあります。
ついでにちらっと覚えておけば、何かの文章や会話で
出てきた時思い出せるかもしれませんね♪

スペイン語で考えるのフレーズなどなど

Siempre estoy pensando en ti

何考えてるの?
Que estás pensando?
(ケ エスタス ペンサンド)

例えば友達がぼんやりしていたら、Que estás pensando?ときくことができます。

あと、スペイン語圏の友達いわく、実はこのフレーズ、
相手が何かとんでもない事をしでかした時
「ちょっと、何考えてるの!?」と、
怒った感じで言う時にも使えるそうです!

「何考えてるの~?」も「何考えてるの(怒)!」も
Que estás pensandoというのは、日本語と同じ感じですよね。

へぇ~~!!なんか面白い事知ったなーと思いました◎

〇〇のことを考えています。
Estoy pensando en 〇〇.
(エストイ ペンサンド エン )

このフレーズをアレンジすると、いろんな会話ができるようになりますよ♪
たとえばこういう感じです↓

私は私の子犬のことを考えています。
Estoy pensando en mi perrito.
(エストイ ペンサンド エン ミ ペリート)

スペイン語でperittoは子犬miは私の

友達と遊んでる時とか、仕事の休憩時間とか
ぼんやり考え事をしていると「何考えてるの?」とかきかれたりして。

それで、自分の飼ってる子犬のことを考えてるんだよー
とか、自分が何を考えているか伝えることができます◎

実際に、犬をお留守番させている飼い主さんたちは、
今犬が何をしているのか等結構気になりますよね。

私はいつもあなたのことを考えています。
Siempre estoy pensando en ti
(シエンプレ エストイ ペンサンド エン ティ)

siempreは「いつも」、tiは「あなた」

相手に「何考えてるの?」ってきいて、
こんな答えが返ってきたら・・ちょっと凄い!

家族、友人、恋人など、大切な人がいると外を歩いていても
「この花、確かあの人が好きなやつだな」
「このレストラン、あの子が喜びそうだなー」
とか、何かと相手の事を考えちゃいますね(^^)

少し考える時間をいただけますか?
Me da un poco de tiempo para pensar ?
(メ ダ ウン ポコ デ ティエンポ パラ ペンサール)

pocoは「少し」、tiempoは時間 時期
スペイン語でParaとは?

即答即決が苦手な方にピッタリなフレーズ◎
私もすぐに答えを出すのが苦手で、
いつくかのパターンを出し、納得いくまで考えた後
答えを出したいので、このフレーズは使いたいです!

今それを考えているところです。
Estoy pensando en eso ahora.
(エストイ ペンサンド エン エソ アオラ)

esoは「それ」、ahoraは「今」

※ahoraの部分を抜いて使っても特に問題ないです◎

「〇〇はどうするの?」と、きかれて
まだ考え中で答えが出せない状態だったら、
Estoy pensando en eso ahora.
と言って、相手に理解してもらえます。

何も考えたくない!
No quiero pensar nada!
(ノ ケロ ペンサール ナダ)

nadaは「何もない」
スペイン語でquieroの意味と使い方は?

こうやって言うとネガティブにきこえるかもしれませんが、
たまには頭をかかえて考えるのをやめて、
ぼーっと頭を休ませてあげる事もきっと悪くないはず◎

我思う、ゆえに我あり。
Pienso, luego existo.
(ピエンソ ルエゴ エクシスト)

有名な哲学の言葉「我思う、ゆえに我あり」
スペイン語にすると「Pienso, luego existo.」と言うんですねー。
えっと、確かラテン語では「コギト エルゴ スム」でしたっけ?

我思うゆえに我在りの意味をしっかりとは知らないのですが、
すっごく極端にシンプルに言うと、
「この世にどんなに疑いつくしても、疑えない存在がある。
それは『疑っている私』という存在だ」
・・・という事なんですよね?

うわーこういうこと考え出すと、また頭の中が止まらなくなりそう!

今日のスペイン語は、考えるを使ったフレーズや単語いろいろでした。 あなたはどのフレーズが気に入りましたか? ところで、「考える」といえば哲学。 今回最後にちらっと哲学っぽい言葉が出てきましたが、 哲学も面白そうだなーと思って興味があり、でも難しい内容だと 分からないので、もしお勧めのそういう本とかあれば是非教えてください(^^)

考えるのスペイン語 まとめ

考える
pensar
(ペンサール)

思慮深い
pensativo(ペンサティボ)
pensativa(ペンサティバ)

考え 思考
pensamiento
(ペンサミエント)

〇〇のことを考えています。
Estoy pensando en 〇〇.
(エストイ ペンサンド エン )

Facebookページもあります☆

スペイン語

シェア&応援お願いします☆↓

2 件のコメント

  • 田淵幹朗 より:

    ヒロコさん、はじめまして。スペイン語を勉強している45歳のおじさんです。とても分かりやすい情報ありがとうございます。これからも、ブログを楽しみにしています。良いお年をお迎えください。

    • ひろこ より:

      田淵さん、はじめまして。
      あけましておめでとうございます!
      コメント有難うございます。

      私自身スペイン語を勉強中なので、同じようにスペイン語を勉強されている方に
      分かりやすいと言っていただけるのが、とても嬉しいです。

      これからもよろしくお願いいたします!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください