mucho!poco!を使った身近で便利なスペイン語フレーズ☆

スペイン語 沢山 少ない

二月も中頃になりました。
私の住んでいる街は、最近沢山雪が降ったのですが、
その後かなり寒い日が続いています(><)

さて、以前ブログで「大きい、小さい」
という単語について書きました。
今日はそれに似た、形容詞についてのお話です。

今回の espanolはこちら、

少しの、わずかな poco(ポコ)


沢山の、多くの、たいへん、よく  

mucho(ムチョ)←男性名詞に対して使う場合
mucha(ムチャ)←女性名詞に対して使う場合

pocoは「littleやfew」
muchoは英語での「manyやmuch」です☆
もしかしたら、この2つの単語は、
毎日の会話で最もよく使う形容詞かも知れませんよね♪

例えば、今みたいにすごっく寒い時は

凄く寒いです!
Hace mucho frio!
(アセ ムチョ フリオ)

また、少しだけ寒い時は

ちょっと寒いです。
Hace un poco frio.
(アセ ウン ポコ フリオ)

あ!そういえば、
カラムーチョっていう辛いお菓子ありますよね。
あれってつまり「辛mucho」ってことですよね多分?
こんな風にスペイン語を使ったネーミングって
面白いなあと思いました☆

私はよく、ペルー料理店でペルー人の方に、
「スペイン語話せるの?」ときかれますがその時は、

ちょっとだけです。
Un poco no mas.
(ウン ポコ ノ マス)

と言っています。
※no masは「~だけ」という意味です。

そうすると、相手の方は簡単なスペイン語でゆっくり話してくださいます。
あなたもスペイン語初心者で、相手に話せる?ってきかれた際は
「Un poco no mas.」と言ってみても良いかもです(^^)

ところで、pocoを使ったこんな素敵な
言葉があるのですがあなたは聞いた事ありますか?

一歩一歩
poco a poco
(ポコ ア ポコ)

確か、こんな名前のお店があった気がします!
とにかく響きが可愛いですよね~♪

というわけで、pocoもmuchoもすごくよく使う
単語なので、私も復習しておきたいと思います◎
「muchas grachias」「mucho gust」の記事も
良かったらご覧ください(^^)

・・・今回学んだこと・・・
少しの、わずかな poco(ポコ)

沢山の、多くの、たいへん、よく  
mucho(ムチョ)←男性名詞に対して使う場合
mucha(ムチャ)←女性名詞に対して使う場合

Facebookページもあります☆

スペイン語

シェア&応援お願いします☆↓

6 件のコメント

  • 田島春香 より:

    ヒロコサン 
    hola^^
    hazme todas preguntas
    hazmeはhacer meのようですが、単語がわかっても文章にならなくて^^」やくできますか?
    por favor
    chauchau

    • hirohiroko より:

      Hola!

      「なんでもきいてね。」
      という意味らしいです◎

      chau chau

  • 田島春香 より:

    そうなんだーーー^^”
    何で聴きたがるのの?見たいのことだと思った^^
    hacerは作る。する
    文がつながらなくて、行き違いの会話になってました^^

    ありがとうです

    • hirohiroko より:

      De nada!どういたしまして!

      単語の意味がわかっても、文章にするときあれ?って
      なることありますよね~。

  • futuro より:

    poco a poco は音楽記号としても使いますよ♪

    • ひろこ より:

      なるほど!調べてみたら、演奏の時、少しずつ音量や速さをあげるという意味で使われるとありました(^^)素敵な情報ありがとうございます♪

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です