お腹が痛い!スペイン語で相手に自分の症状を伝える方法

スペイン語 お腹が痛い

最近ちょっと暑いですね~。
そろそろ、冷たいジュースやビールが
恋しくなってきました。
というか、既にガブガブ飲んでしまっています!
そうすると、こんな事になってしまうんですよね・・・

スペイン語で、

~が痛いです。 
Me duele~.
(メ ドゥエレ~)


お腹 は barriga (バリーガ)

と言います。
なので、この二つを合わせると

お腹が痛いです。
Me duele la barriga.
(メ ドゥエレ ラ バリーガ)

※Me は「私」、 barrigaは女性名詞
 なので前にlaが付きます。

これからの季節、
冷たいもの食べ過ぎたり、
お腹出して寝たりすると
こんな事態になってしまいます・・・。

海外に旅行へ行った際も、
食べ物や飲み物が体に合わなくて
お腹痛くなっちゃったり(><)
そういう時に、しっかり自分の
状態を伝えるためにもこのフレーズは
覚えておいた方がいいですよね!

ちなみに、barrigaは
胃の検査をするときに飲むバリウムから、
なんとなくバリーガって覚えました(笑)
あと、barrigaのrrは巻き舌で発音します◎

他にも、
頭が痛いです。
Me duele la cabeza.
(メ ドゥエレ ラ カベーサ)
※cabezaは頭という意味です。

等、Me dueleの後に痛い部分を言えば
相手に伝わるので便利です!

私は何故か「Me duele la barriga.」
というフレーズが気に入っていて、
すぐ言いたくなるのですが、周りから
したらいっつもお腹痛い人って思われそうな
のであまり言わないように気をつけています(笑)

あなたも、冷たいもの食べすぎないように
気をつけてくださいね~!

・・・今回学んだこと・・・
~が痛いです。 
Me duele~.
(メ ドゥエレ~)

お腹 barriga (バリーガ)

お腹が痛いです。
Me duele la barriga.
(メ ドゥエレ ラ バリーガ)

Facebookページもあります☆

スペイン語