夏を涼しくする3色をスペイン語で表現してみました♪

スペイン語 水色 青 紺

こんばんは!@ヒロコです。

以前赤と黄色のお話しをしました。
今日は、夏をちょっと涼しくしてくれる
この色をご紹介したいと思います♪

スペイン語で、

青は azul(アスール) 
水色は celeste(セレステ)

と言います。

azul(アスール)ってなんかスーっとスッキリした
感じの響きで、まさに青にふさわしい言葉な気が
します◎

水色のセレステもとってもきれいで、妖精の名前
っぽい感じです♪
celesteは空色という言い方もあり、
スペイン語で空cielo(シエロ)から来ているみたいです。

あと、水色はazul claro(アスール クラロ)って
表現する事もあります。
成る程、claroは明るいという意味なので、
明るい青色=水色って事ですね~♪

逆に、azul oscuro(アスール オスクロ)
は紺色(濃い青色)を指します。
※oscuroは暗いという意味です。

私にはお気に入りの靴があるのですが、
それが空のような水色をしていて、大切に履いています(^^)
水色の靴は Zapato celeste(サパト セレステ) です。
※Zapatoは靴という意味です。

夏になると、お菓子のパッケージや雑誌やお店の雑貨の色も
水色や青が多くなりますね~。
逆に冬になると温かい赤色が多くなったりして、
色で季節を感じるのも楽しいです♪

合わせてどうぞ♪

あなたはどっちが好き?2つのスペイン語色物語♪


・・・今回学んだこと・・・

青   azul(アスール) 
水色  celeste(セレステ)
紺色  azul oscuro(アスール オスクロ)

Facebookページもあります☆

スペイン語