クイズ!スペイン語で「ライオンの歯」という植物は!?

スペイン語 ライオン leon

今日のスペイン語ではタイトル
書いている通り、ズバリ
「ライオンの歯」という植物とは
一体何なのか!?に迫ります!!

実はあなたの身近にある植物なんですよおお!

ではまずライオンはスペイン語で
何というのか確認しておきましょう◎

ライオン、獅子
león
(レオン)

雌ライオン
leona
(レオナ)

leónはoの部分にアクセント
をつけて発音するのが
ポイントですね。

それにしてもこのレオンって
響きがクールでカッコイイと
思いませんか?

またleónは場合によっては
「勇敢な人」という意味でも
使われる言葉だそうなので
余計にカッコイイです!

人気のディズニー映画でも
leónが主役になっていましたよね♪

ライオン・キング
El rey león
(エル レイ レオン)

reyは「王様」という意味なので
スペイン語版でもそのままの
タイトルになっています。
ちなみに私はEl rey leónの
中ではティモンとプンバァが
大好きなキャラなのですが、
あなたはどうですか(^^)?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★スペイン語で「案ずるより産むが易し」★

ではここで、ライオンにまつわる
スペイン語のことわざを一緒に
チェックしたいなーと思います!

案ずるより産むが易し
no es tan fiero el león como lo pintan
(ノ エス タン フィエロ エル レオン
 コモ ロ ピンタン)

fieroは「獰猛な」という意味で、
文のだいたいの意味としては
「実際のライオンは描かれた
ライオンほど獰猛ではないよ」
という感じです。

そもそも、案ずるより産むが易し
ってどういう諺だっけ?
という事ですが、これは
「物事をする前にはあれやこれやと
悩んだり考え込んだりするけれど、
実際は思っていた程難しくも
大変でもなかったりするよ」
という意味があります。

ふむふむ、なるほど!
スペイン語版でも例えは違えども
同じことを言ってますよね◎

頭の中でイメージして絵に描いた
ライオンはすっごく怖くて獰猛だけど、
実際のライオンを見ると
「あれ・・以外と猫みたいでカワイイ?」
みたいな(笑)
特に動物園のライオンは皆でのんびり
寝てたりして、ホント大きな猫って
感じしますよねー。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて!それでは
「ライオンの歯」という
植物は一体何でしょうか!?
正解は


スペイン語 たんぽぽ

タンポポ
diente de león
(ディエンテ デ レオン)

でした!!
dienteは「歯」という意味です。
なんでも、タンポポのあの
葉っぱのギザギザが
ライオンの鋭い歯に似ている
ところから付いた名前だそうです。

スペイン語だけでなく、
英語やイタリア語やドイツ語等でも
タンポポは「ライオンの歯」と
表現されているので、
もしかしたら既に知っていた方も
多いかも知れませんね!

実は、diente de leónを知ったのは
日本の刑事ドラマ「確証」を観たからなんです。
ドラマでは、スペイン語を話す
登場人物がタンポポを持って
diente de leónと言っていました。

偶然こんなところで、スペイン語が
勉強できるなんて面白いなぁ!
とちょっと嬉しくなりました♪

これからの季節は道端で
沢山のdiente de leónを
見つけることができそうですね(^^)

合わせて読みたい:
スペイン語で「猫の爪」という植物とは?

・・・今日のスペイン語・・・

ライオン、獅子
león
(レオン)

雌ライオン
leona
(レオナ)

タンポポ
diente de león
(ディエンテ デ レオン)

Facebookページもあります☆

スペイン語

シェア&応援お願いします☆↓

2 件のコメント

  • Lissette より:

    Hola, Buen día.
    Estoy aprendiendo japonés, muy buena su página. Sería bueno intercambiar idiomas 😀

    こんにちは、良い一日。
    私は日本の、非常に良いあなたのページを学んでいる。それは言語を交換するために良いでしょう

    • ひろこ より:

      Hola!
      Gracias por su mensaje!
      このブログを読んでくださり、嬉しいです!
      これからもどうぞよろしくお願いします(^^)

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です