スペイン語で「紅葉狩り」と知らなきゃ良かった誕生秘話

スペイン語 hojas rojas 紅葉

今は、10月も中ごろを過ぎ
朝晩冷えるようになりました。
秋の寒さで風邪を引いてしまう
のは嫌ですが、空気がぐっと
冷えた方が紅葉が綺麗になる
そうですよ!
では、日本中の山が赤や黄色に
染まる11月に向けて、こんな
スペイン語を知っておきたいと
思います(^^)

まずは基本の単語から。

葉、葉っぱ、木の葉
hoja
(オハ)

オハはかなり覚えやすいですね!
「お葉」って覚えればいいだけで(笑)
でも、目と言う意味のojo(オホ)
耳という意味のoreja(オレハ)と
間違えちゃいそうなので
気をつけたいと思います◎

では、紅葉をスペイン語で
何と言うかというと・・・

紅葉
hojas rojas
(オハス ロハス)
※rojaは「赤い」という形容詞です。

hojas otoñales
(オハス オトニャレス)

※otoñalは「の」という意味です。

赤い葉」に「の葉」
ということですね。
上記の2種類が良く見る
紅葉の言い方となっています。
ちなみに、単語にそれぞれ
sが付いているのは一つの葉
ではなく複数の葉を意味する
からです。

日本でも秋になり紅葉も見ごろになると
海外からも紅葉を目当てに
観光にいらっしゃる方が沢山
いるようです。

そこで、日本の大切な文化である
「紅葉狩り」をスペイン語で
説明してみました!

「紅葉狩り」は紅葉を見に行くという意味です。
“Momiji-gari” significa ir a ver las hojas otoñales.
(モモジガリ スィグニフィカ イル 
ア ベル ラス オハス オトニャレス)
significaは、動詞significarが
 変化した形で「意味する」
ir aは「~へ行く」verは「見る」

うーん、ちょっと長いですが
少しずつ読んでみると
その意味がわかりますね。

そういえば私は、
「何で紅葉狩りって言うんだろう?」
と昔から少し疑問に思っていました。
紅葉に対して「狩り」なんて言葉、
ちょっと違和感ありますよね。
Por qué(どうして)?
あなたは知ってますか。

で、私が調べたところ2つの説がありました・・・
——————————–
初期は「たぬき狩り」と呼ぶ様に
動物を仕留める行為だけを「狩り」
と呼んでいました。
それが、時代と共に「ぶどう狩り」
のように果物や野菜を収穫する際
にも使われるようになりました。
更に時代が進むと、ただ
自然を鑑賞し愛でるだけでも
「狩り」を用いるようになりました。
——————————–
というのが一説でした。

なるほどー、そういうことなら
視覚と感覚だけで
紅葉を「愛でる=狩る」
という、ちょっと雅な言葉に
とれますねぇ!

でも、
「悪い紅葉姫を退治するぜ!」
という昔のお話『紅葉狩』
からきているという説も
知り、いきなりバイオレンス
な感じに・・・仲良くしてください(爆)

というわけで、今回は秋なので、
スペイン語の紅葉特集って
感じでした♪
私もそれぞれの単語やフレーズを
シッカリ覚えてスペイン語圏
の方に伝えられたら良いなぁ
と思っています(^^)

・・・今日学んだこと・・・
葉、葉っぱ、木の葉、
hoja
(オハ)


紅葉

hojas rojas
(オハス ロハス)

hojas otoñales
(オハス オトニャレス)


紅葉狩りは紅葉を見に行く事です。

“Momiji-gari” significa ir a ver las hojas otoñales.
(モモジガリ スィグニフィカ イル
ア ベル ラス オハス オトニャレス)

Facebookページもあります☆

スペイン語

シェア&応援お願いします☆↓

1 個のコメント

  • Luchador より:

    Buenos dias! 秋に関する興味深いお話をありがとうございます。ちらっと「意味」という「Significa」という単語もありましたが、これってスペイン語圏の方に日本語を説明する時に結構重宝するんですよね。紅葉狩り、今年は行けそうにありませんからテレビで観賞しつつ(笑) でも来月はNavidad、そしてすぐAno nuevo(~が付けれません(泣))!今年も残りわずか。頑張りましょう!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です