お花見!海外の方に桜の文化スペイン語で伝える方法

スペイン語 桜 蝶 花見

あなたは蝶は好きですか?
虫が嫌いだけど、蝶は好きって方は沢山いらっしゃいますね。
そして桜は国を代表する花で、昔からずっと
日本人にとって特別な存在になっています。
今回の単語はこちら、

桜 cerezo(セレソ)
蝶 mariposa(マリポサ)

どちらも春の象徴と言えますね。
春についての記事は以前書いたことがあります。

ちょっと脱線しますが、mariposaを辞書で調べると
その下に「mariposear」という言葉がありました。
わあ♪どんな素敵な意味だろうと思ったら
「移り気である、つきまとう」と書いていました・・・。
成程、チョウがヒラヒラと、花から花へ
とまっては飛んでゆく様子からそんな言葉が
生まれたのかもしれません(爆)

また、cerezoで画像検索すると、画面いっぱいに
桜の花が咲き、気分が一気に春になりました(^▽^)

南米ペルーにも、日本人に「リマ桜」
と呼ばれる桜に似た花があるそうです!
ボトルツリーという木の花で、濃いピンク色をしています。
咲く時期も日本の桜と同じぐらいだとか。。。
私は実物を見たことがないので、もし「見たことあるよ!」
という方がいらっしゃいましたら、是非教えてください☆

ところで先日、私の祖母から手作りのランプをもらいました。
そのランプは、ステンドグラスのような切り絵の模様
になっており、「cerezoとmariposa」が描かれていました!
まさに、これからの季節にピッタリな贈り物で本当に嬉しかったです♪

そうそう、桜と言えば忘れちゃいけないのが「お花見」です!

お花見

ver los cerezos
(ベル ロス セレソス)

verは「見る」という意味なので、
「お花見」をそのままストレートに表現していますね!

でも、本当はお花見って、習慣や奥深い意味が色々
あるのでそれをいざ外国の方に説明するとなると、
ちょっと大変そうです(^^;)

なので、もしスペイン語圏の方に
「お花見って何?どういうもの?」ときかれたら

お花見に行きましょう!

 vamos a ver los cerezos !
(バモス ア ベル ロス セレソス )

と言って、一緒にお花見に行くのが一番かもしれませんね(笑)
百聞は一見にしかず。
桜の下で楽しくピクニックしつつ、皆で花を愛でれば
それに勝る説明はないです♪

ちなみに、私は夜桜が大好きなのですが、
あなたは昼と夜どちらの桜が好きですか?
同じ桜でも、明るい昼間と夜の闇とでは全く
違う顔になるので不思議です。。。

・・・今回学んだこと・・・
桜 cerezo(セレソ)
蝶 mariposa(マリポサ)

お花見
ver los cerezos
(ベル ロス セレソス)

Facebookページもあります☆

スペイン語