スペイン語で「ここ、そこ、あそこ」場所を指す言葉

ここ そこ あそこ

身近な言葉すぎて、気づかなかったけれど
実は凄く重要な言葉だった!という事が
結構あります(^^;)
今回のもその一つです。
相手にそれぞれの場所を伝える
簡単で大切な単語なので是非チェック
してみてください◎

ここ       aquí(アキ)
そこ(そっち)    ahí (アイ)
あそこ(あっち)  allá (アヤ)

ね?よく使うでしょ??
普段当たり前のように使い過ぎて、
意識していなかったせいか
そういえばスペイン語で何ていうかまだ
知らないでいましたΣ(´Д`;)

「ここ」はaquíの他にも acá(アカ)という
言い方もあります。

ペルーではあっちをalláと言うのですが、
調べてみたところスペインではalláのかわりに
allí(アジ)と言う事もよくあるそうです。

★また、ahíの発音が結構ポイントで、
アイはイの方がアクセントになります。
ではなく!!
イを上げて大きく言います。
アクセントが逆になると、別の意味に
なってしまうので要注意です!

お店の方に協力してもらって発音してもらいました!

では良く使うフレーズを♪

私のカップはどこですか?
Dónde está mi taza?
(ドンデ エスタ ミ タサ)

そこです。
Esta ahí.
(エスタ アイ)

私はよく物を失くすので、
いつも家族に「メガネどこ?」「ハサミどこ?」
などときいています。ハサミとかペンとか
肝心な時に無いんですよねー・・・。
で、見つかる時は案外身近で簡単な場所だったり。。

あっちに行こう!
Vamos allá!
(バモス アヤ)

子供もそうですが、次はあそこ、今度はこっち!!
みたいにあちこち行きたくなる時、皆を誘える言葉ですね♪

ここで待ってるよ。
Aquí te espero.
(アキ テ エスペロ)
※esperoは待つという意味です。

例えば、皆で遊んでいて
私ちょっと疲れたなあーと思ったら
Aquí te espero.と言っておけば、ゆっくり休めるし
皆も後でそこに来てくれますよね◎

また、このAquí te espero. (アキ テ エスペロ)は、
場面によってはちょっと切ないフレーズにもなります。
あなたが帰って来るのをここで待ってるからね・・・
というニュアンスで(;_;)

というわけで、今回も
身近で重要な言葉を覚えることができました♪
aquí・ahí・allá
忘れないように、
普段の会話で積極的に使ってゆきたいと思います(^^)
あと、失くし物もできるだけ減らしてゆきたいと思います(笑)

・・・今回学んだこと・・・
ここ       aquí アキ
そこ(そっち)   ahí  アイ
あそこ(あっち)  allá アヤ

Facebookページもあります☆

スペイン語