スペイン語圏の友達とネットで快適にやりとりする方法

スペイン語 インターネット

あなたがこれを見ているという事は、
「あなたがインターネットをしていて、
私のWebサイトを見てくださっている」
という事ですよね?
何か調べたいスペイン語ワードを検索して、
このブログがヒットし閲覧してくださって
いる方も多いと思います。

Webサイトは世界中の人がアクセス可能で、
どんな国の人とも情報を共有できるので
本当に凄いものだなあ~といつも実感します。

というわけで、今日はそんな便利な
インターネットに欠かせない言葉を
スペイン語で何と言うのかチェックして
おきましょう!

——————————————————–

★スペイン語インターネット用語一覧★

ページ、サイト
pagina
(パヒナ)

ホームページ、Webサイト
pagina web
(パヒナ ウェブ)

ブログ
blog
(ブログ)

インターネット
internet
(インテルネット)

Eメール、電子メール
correo electronico
(コレオ エレクトロニコ)

検索
buscar
(ブスカル)

paginaはパソコンのページだけでなく
本のページを言う時もいつも使う単語です。

blogは完璧に英語と同じですね!

internetは英語と単語のスペルが
同じですが、発音が微妙に違います。
だけど別に「インターネット」と言っても
問題なく伝わるそうです◎

buscar は「検索」ですが、
「探す」という意味もあります!
まあ、検索も探すも殆ど同じ意味ですよねー。

会話の流れの中ではpaginaだけでも、
サイトの事を言う場合が多いですが
「ホームページ、Webサイト」という意味を
よりはっきり伝えるならpagina webを使います。
——————————————————–

internet

 

相手が何かホームページやブログを持っていて
是非教えて欲しい!という時は・・・

あなたのホームページを教えてください。
Ensename su pagina web.
(エンセニャメ ス パヒナ ウエブ)

私のホームページは”〇〇”です。
Mi pagina web es “〇〇”.
(ミ パヒナ ウエブ エス 〇〇)

↑○○には、ホームページのアドレスや名前が入ります。
例えばこのスペイン語ブログの場合だと
http://spaingoblog.com/
ですねー(^^)

また、サイトのアドレスでなくても
簡単なワードを検索するだけで
すぐ目的のページが表示される場合は
そっちの方が楽だったりしますよね。
テレビのCMでも最後に「〇〇で検索!」
と出てきます◎

〇〇で検索してください。
Por favor, busque 〇〇.
(ポルファボール ブスケ〇〇)

私が最初にpaginaという言葉を覚えたのは
お店でお客様がノートパソコンをしていて
よく「パヒナ」という言葉がきこえてきたので
「パヒナって何ですか?」と質問した時でした。

スペイン語圏の方とやりとりする時に
インターネットを使ったり、ホームページを
共有したりする事も多いです。
そんな時今回の単語を知っておくと何かと
便利そうだなーと思いました♪

あ、余談ですがFace bookの「いいね!」って
スペイン語圏ではどう表記されるか知っていますか?
「いいね!」は「Me gusta!」になるんですよー◎
Me gustaは「好きです」という意味なんですが、
こういうちょっとした違いが面白いです(^^)

あと、たまにやるんですが、
スマートフォンの場合
言語環境の設定で「Español」
にすれば、結構スペイン語の勉強に
なりますよね!

へぇ~「送信」は「Enviar」なんだー。
みたいに、スマートフォンがちょっとした
スペイン語教室に変身します(笑)

ただ、ちゃんと日本語設定に戻す
方法を覚えていないと
「あれ、どうやって戻すんだっけ?」
って焦ります。私みたいに(爆)

・・・今日のスペイン語・・・

ページ、サイト
pagina
(パヒナ)

ホームページ、Webサイト
pagina web
(パヒナ ウェブ)

ブログ
blog
(ブログ)

インターネット
internet
(インテルネット)

Eメール、電子メール
correo electronico
(コレオ エレクトロニコ)

検索
buscar
(ブスカル)

photo:Kristina Alexanderson

 
Facebookページもあります☆

スペイン語