ペルーで「サヨナラ」というと渡されるものとは…。

スペイン語 単語 ビーチサンダル

日本では、相手と別れるとき何て言いますか?
「さよなら」って言いますよね。
さよなら。サヨナラ。さよなら・・・
一緒に居た相手からこの言葉をきくと、
「あーもうお別れの時間なのか」と
ちょっと寂しくなりませんか?

でも実は、地球の裏側南米ペルーでは、
サヨナラって言っても全然寂しくならないんですよ!
何?さよなら?それがどうしたの?って感じです。
それはどういうことかというと・・・

ペルーで「サヨナラ」は別れのさよならではない!?

南米ペルーでは、
「サヨナラ」というと、それは
「ビーチサンダル」って意味になるんです!
スペルもそのまま「sayonara」です。

ビーチサンダル
sayonara
(サヨナラ)

ビーチサンダルといえば、皆さんご存知の、
あの海辺の砂浜とかではくサンダルのことです。
毎年夏にはこれが大活躍しますよね。

えー、それって偶然じゃない?
たまたま日本語のサヨナラと発音がかぶっただけでしょ。
と思う方もいるかもしれませんね。

しかし!このスペイン語は、まんま日本語の
お別れの言葉「さよなら」から来ています!

なんでビーチサンダルのことを「さよなら」と言うの?

ビーチサンダルとサヨナラなんて、
普通に考えたら、何の接点もなさそうですよね。

これにはちょっと興味深い由来があるんです。
その由来とは、「サヨナラ」という海外の映画を作る際
日本の役者がビーチサンダルをはいていたからだとか・・・。

もう少し詳しく言うと、さよならという映画は、
1957年にアメリカと日本で公開された映画です。
私は観たことがないのですが、話の内容としては、
米国軍人と日本女性の悲しい恋愛の物語だそうです。
あー、そうなるとタイトルがズバリ悲しい・・・・。
全然ハッピーエンドの気配がしないよ、このタイトル!

ビーチサンダルがサヨナラと呼ばれるようになった他の説

また他のある説によると、
ビーチサンダルは日本で開発されたものなので
日本人がそれを海外に持ち込んだ際、周りの人たちが
「サヨナラ」と呼ぶようになったのだとか。

え、ビーチサンダルって日本で作られたものなの?
これはちょっと意外ですよね。
厳密にはアメリカの工業デザイナーと
日本の技術者が一緒に開発したらしいですよ。

ペルーの海辺などではそこらじゅうで「サヨナラ」という
言葉が発せられてるかもしれません(笑)

なので、ペルーに行ったら
あまり「さよなら!」と連呼しない方が良いかもしれませんね。
だって大量のビーチサンダルを持ってこられるかもしれないから・・。

今日はスペイン語の勉強というより、
スペイン語雑学という感じになりましたねー。
こういう雑学的な話、個人的にはすごく好きです!
気楽に覚えられるし、友達との話のネタにもなるし♪

なので、スペイン語雑学的なお話他にもあったら
教えてくれたら嬉しいです(^^)

※追記
この前、漫画を読んでいたら
イタリアでもビーチサンダルのことをサヨナラと言いうって
書いてありました。もしかして、ペルーだけじゃなくて
世界の至る所でビーチサンダルをサヨナラと呼んでいるのかも!?
それについて知っている人がいたら教えてほしいです。

合わせて読みたい関連記事:

元気でね。スペイン語で爽やかなお別れ
スペイン語の挨拶 「こんばんは」等
スペインで「またね~♪また会いましょう!」

今回学んだスペイン語雑学

スペイン語 sayonara
読み方   サヨナラ
意味    ビーチサンダル

 

Facebookページもあります☆

スペイン語