クリスマスと王冠…?その関連性とは!?

スペイン語 クリスマスツリー

なんやかんやで12月に
片足突っ込んじゃいましたね!
ということは、あっというまに
来年・・・でも、その前に
クリスマスがやってきます!

今日はクリスマス気分を味わうべく
必須のXmasアイテムをスペイン語
で覚えちゃおうと思います◎


・・・・・・・・・・・・・・・・・・

rrrr3

クリスマスツリー
árbol de navidad
(アルボル デ ナビダ)

árbolは「木」deは「の」
navidad は「クリスマス」
という意味なので、直訳すると
「クリスマスの木」で
そのままって感じですね。

なんとなくペルーのクリスマスツリー
を画像検索していると、ペルーの首都
Lima(リマ)にちょっと変わったツリー
があるのを発見しました(・▽・)

ペルー クリスマスツリー

なんというか、うーん・・・
綺麗とはまた違った雰囲気が(笑)
でもよくよく見るとペルーの民芸品
が飾ってあったり、帽子があったり
なかなか興味深いツリーです!

ところで、クリスマスツリーには
基本的にモミの木を使うようです。
モミの木はこんな感じで松に似た
独特の葉っぱをしていますよねー。

rrrr

ちなみに、スペイン語では

モミ、モミの木
abeto
(アベト)

と言います(^^)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

rrrr2

さて、クリスマスツリーと
同じくらい欠かせない飾り
といえばリースですよね♪
クリスマスのシーズンに家の扉
なんかにつける輪の飾りです☆

クリスマスリース
corona de navidad
(コロナ デ ナビダ)

王冠(おうかん)、かんむり
corona
(コロナ)

なるほどー。
リースは英語で「wreath」で
花輪や花冠の飾りを意味しますが
スペイン語ではcoronaで王冠
と表現するんですね♪
「クリスマスの王冠」オシャレな
言葉だと思いませんか(^^)?

ネットでcorona de navidadを
調べると可愛くて綺麗な
クリスマスリースが沢山あって
テンション上がりました(笑)

それにしても、どうして
corona de navidadを
家の玄関に飾るのかな?と
疑問に思いちょっと調べてみた
ところ、よく言われている説は
「魔よけのため」
「神への愛が、途切れる事なく
輪の様に永遠に続くように」
等などでした◎

これって、日本の風習でいえば
お正月のしめ縄ですよねー。
お正月に玄関の上にしめ縄を
飾るのは「悪いものが入ってこない
ようにという」意味もあるそうです。

スペイン語であけましておめでとうとは?

スペイン語でプレゼントありがとうとは?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

如何ですか?
ちょっとXmasな気分に
なったでしょ(笑)

12月はいつもバタバタと
忙しかったり、楽しい行事が
沢山あったりですぐ過ぎて
しまいますが、今年も最後まで
一緒にまったりスペイン語を
楽しめたら嬉しいです(^^)

・・・今日のスペイン語・・・

クリスマスツリー
árbol de navidad
(アルボル デ ナビダ)

モミ、モミの木
abeto
(アベト)

クリスマスリース
corona de navidad
(コロナ デ ナビダ)

王冠(おうかん)、かんむり
corona
(コロナ)

Facebookページもあります☆

スペイン語