スペイン語であなたの料理をより一層美味しくする方法!

スペイン語 どうぞ召し上がれ

以前ブログでスペイン語に
「いただきます」は無い!
と言うお話しをしました。
でも、案外こんな言葉があるんです!
あなたの大切な人をおもてなしして、
気持ちよくご飯を食べてもらうための
一言です☆

今日のフレーズは、

どうぞ召し上がれ。
Buen provecho.
(ブエン プロベーチョ)

です!

これは、私もペルー料理店で
お客様に料理をお出しする時に
よく使っています♪

この言葉を言うと、お客様は
笑って喜んでくださいます。
まだまだスペイン語のおぼつかない私が言うと、
「あれ!こんな言葉知ってるんだー。」
って、ちょっと意外なのかもです(笑)

レストラン以外でも、おうちで
誰かに料理を振舞う時に、使いたく
なる言葉ですよね!
そういえば子供の頃も、お母さんが
ご飯の前に「どうぞおあがり♪」
と言っていました(^^)

逆に、あなたが
「Buen provecho.」
と言われたら心を込めて、
ありがとう!
Gracias!
(グラシアス)
と返せばOKです☆

これで、より一層料理を
美味しく食べられそうですね♪
私もこれからも沢山この
フレーズを使いたいと思います!

・・・今回学んだこと・・・
どうぞ召し上がれ。
Buen provecho.
(ブエン プロベーチョ)

Facebookページもあります☆

スペイン語

シェア&応援お願いします☆↓

4 件のコメント

  • rumi より:

    ヒロコさん!いつも楽しい内容で、ありがとうございます。
    こうしてスペイン語を学んでいると、改めて日本語ってすごいな〜って思います。細かいところにまで様々な言葉で表現出来ますよね。
    いただきます、ご馳走さま、お帰りなさい、などまだまだ沢山あると思います。外国語を知る事で、日本語の素晴らしさを感じるこの頃です。

    • ひろこ より:

      こちらこそいつもブログ見てくださって嬉しいです♪
      「もったいない」という言葉も、日本にしかないそうですが
      それを初めて知ったときもビックリしました。
      ホントに、海外の言葉を知ると日本語のことが見えてくるものですよねー!
      「おかえりなさい」もスペイン語には無いですが、日本語を毎日使っている
      私達としては不便じゃないのかなぁと不思議になりますよね。

  • rumi より:

    そうそう、ホテルからスペイン語学校に行く時に、フロントの女の子に me voy!と言っています。帰宅した時は日本語で ただいま!です。
    学校の先生のお気に入りの日本語は、電話に出る時の もしもし です。余談ですが(^_^)あははは〜

    • ひろこ より:

      me voy!は、私もお店から帰るとき使いますよー(^^)
      「もしもし」がお気に入りなんですね♪
      逆に、スペイン語の「もしもし」である「Alo alo(アロアロ)」が私は好きです☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です