3つのスペイン語で勝負する、ペルーのジャンケン!!

スペイン語 石 はさみ 紙

こんばんは!@ヒロコです。

友達とおやつを食べていて、
お菓子が最後の一個になった時
あなたならどうしますか?
争いを避け、公平に
勝者を決めるには・・・

スペイン語で、

石は piedra (ピエドラ)
ハサミは tijera  (ティヘラ)
紙は  papel (パペル)

といいます。

石はピエドラっていうと、なんとなく
綺麗な石を想像しちゃいます(ー▽ー)♪
ハサミはちょっとヘラに似てなくもない
からティヘラがしっくりきます(笑)
紙は英語のpaper(ペーパー)によく似てますね!

ところで、この3つの言葉の組み合わせ
なーんか、どこかでよく見かけませんか??

そう!ジャンケンです!!
やっぱり最後のお菓子にありつける者は
ジャイケンで決めるべきですよね(笑)

で、ペルー料理店に居るペルー人の方に
「ジャンケンってペルーにもあるんですか?」
ときいてみたところ、「あるよ!」との
答えが返ってきました(^▽^)

更に詳しくきいてみると、
グー は ピエドラ
チョキ は ティヘラ
パー は パペル
と、そのまま日本と同じ仕組みでした!

おおお!とちょっと感動したところで、
でも「ジャンケン ポンッ!」とは言わないよな~。
と思っていたのですが・・・
ペルーでは「ジャンケン ポッ!」
と言うらしいです(爆)
最後の「ン」が無くなってるーー!?

ここまで来て、びみょ~な
違いが見つかり面白かったです(笑)

でも、これでペルーに行っても
ケンカせずジャンケンで
色々決めれそうですね!!

他の国のジャンケンは
どうなんでしょうね~。
そもそも、ジャンケンって
どこが発祥なのでしょう?
知ってる方、是非教えてください~(>▽<)

・・・今回学んだこと・・・
石 piedra (ピエドラ)
ハサミ tijera  (ティヘラ)
紙  papel (パペル)

Facebookページもあります☆

スペイン語

シェア&応援お願いします☆↓

2 件のコメント

  • muchacho より:

    私のmaestra de espanolもperuanaですが、ペルーのジャンケンを教えて
    くれました。日本の言い方と似てるのでびっくり、。そちらから来たんだ と思った
    し、今もおもってます。
    a la ya  a la ya と二回言いながらそのときは手は後ろに。
    quen pon で tijeras か paper か piedraを出す。
    音声だけで言うと、 アラジャ アラジャ ケンポン で、日本のジャン ケン ポン
    とほぼ一緒 !! へえええ?! no sabia

    • hirohiroko より:

      へえ!!面白いですねー(^▽^)
      アラジャ アラジャ ケンポン♪リズム感があって楽しいです☆
      日本でもさいしょはぐージャンケンポンとか何パターンかあるみたいに
      、ペルーにも色々言い方があるのかもしれませんね!?

      素敵な情報をありがとうございます☆

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です