あなたはもう知ってる?日本文化に絶対欠かせない2つのスペイン語!

スペイン語 お盆 difuntos

今は7月17日ですが、
あと一ヶ月もしないうちに
日本人にとって大切なあの日に
なりますね!日本の文化や風習を
語る上で欠かせないこの言葉を
スペイン語で覚えて、海外の方に
説明できるようになりたいと思います!

お盆 -Obon-
Fiesta budista de los difuntos
(フィエスタ ブディスタ 
デ ロス ディフントス)

うーん・・・
これをパッと見ただけでは
何が何やらわかりません!
なので1つ1つの単語をチェック
して、一緒に意味を考えて
行きたいと思います◎

祭り、パーティー、行事
fiesta
(フィエスタ)


仏教徒、仏教の

budista
(ブディスタ)


~の

de
(デ)


死者、故人

difunto
(ディフント)

※difuntosはdifuntoの複数形です。

後はこれらを繋ぎ合せればOKです♪
で、訳してみるとこんな感じです。
「死者達の仏教の祭り」
ざっくりしていますが、確かに
お盆の簡単な説明になっていますよね。

更に、もっとサラッと表現したフレーズ
はこれです◎

お盆
El dia de los difuntos en Japón
(エル ディア デ ロス 
ディフントス エン ハポン)

diaは「日」、enは「で」「~の中で」、
Japónは「日本」という意味なので、訳すと
「日本で死者達の日」になります。

あッ!そういえばどちらのフレーズにも
los difuntos 死者達
というワードが入っていますね。
これがお盆を語る上で絶対必要な
キーワードになりそうです。

勿論本当はもっと色んな言葉で
説明しないとお盆の内容を詳しく
伝えることはできないのですが、
一言で言うと、これら2つの様な
ものになるかなと思います!
お盆的なものは海外にもある
のと気になり調べたら、
メキシコに「死者の日」という
祝祭があるとを知りました!

お盆と同じように、その日は
死者の魂がこの世に帰り、死者の為に
お祭りをするそうです。

私はメキシコの死者の日を初めて知り
ましたが、実はかなり有名みたいですね!
メキシコといえば骸骨のイメージが強い
のも、そこから来ているのでしょうか?
お詳しい方いらっしゃったら色々教えて
ください!
ところで、日本には
「盆と正月がいっぺんに来た様だ」
という言葉がありますよね。
これは、それぐらい嬉しい事や忙しい事が
起こる状態を表現したことわざです。
今はあまり聞かなくなったし、私も普段使わない
のですが、結構このことわざが好きなんですよねー。
大切な2大行事が入っているからなんだか凄く
「日本ッ!」って感じがして・・・(笑)

ではでは、もしスペイン語圏のお友達が
いらっしゃったら、今回のフレーズ
を使ったりして「お盆」について
伝えてみてくださいね(^^)

・・・今回学んだこと・・・
お盆 -Obon-
Fiesta budista de los difuntos
(フィエスタ ブディスタ
デ ロス ディフントス)

El dia de los difuntos en Japón
(エル ディア デ ロス
ディフントス エン ハポン)

仏教徒、仏教の
budista
(ブディスタ)

死者、故人
difunto
(ディフント)

Facebookページもあります☆

スペイン語