美味しいワインを飲むために覚えておきたいスペイン語

スペイン語 赤ワイン 白ワイン インク
あなはワイン好きですか?
私はお酒弱いですが、赤ワインが大好きです。
赤ワインはお肉料理に合いますが、
白ワインは魚料理に合いますよね♪
ワイン飲んだことない人は、まずは白ワインから
入ったほうが飲みやすいらしいです。

今日覚えたスペイン語で、

赤ワインは vino tinto (ビーノ ティント)

白ワインは vino blanco (ビーノ ブランコ)

といいます。

ちなみに、赤ワイン「vino tinto」のtintoは、

tinto(ティント)
tinta(ティンタ)

はスペイン語で
「染まった」や「インク」という意味です。

なので、
実際に訳すと「染まったワイン」という意味になるのですが、
「vino tinto」と言うと、赤ワインを指すようです。

確かに、濃い赤ワインの色ってものによっては、
血に染まったような色をしていますよね~。
ワインのvinoとインクのtinta、
ひとつの名前で二つ覚えられるのも嬉しいです☆

白ワインのblanco(ブランコ)はスペイン語で「白」という意味なので
そのまんまですね~(^^)

これを覚えておけば、スペイン語圏のレストランでワインを頼む時も、
お料理に合わせて赤と白を選んで注文できるので良いですねー♪

南米のワインと言うと、チリというイメージが強いですが
ペルーのワインも負けていませんよ!
ペルーのワインというのは数や種類は少ないものの、
歴史は400年以上もあるんです!

正直な話、ペルーのワインはあまり美味しくないワインもありますが、
こちらのブランドのワインはワイン通の日本人にも人気でした。
チリはワインが美味しいみたいなのでそちらに行かれる方は
是非スペイン語で頼んでみてください~☆

私の居るペルー料理店でも、事前予約が必要になりますが
赤ワイン(その他ワインも)をおいてます◎
ペルー産のワインで、ペルー大使館公式ブランド「TACAMA」です!

スペイン語 ワイン ペルー大使館

さすが公式ブランドだけあって、コクや深みがありながら飲みやすい味で
ワイン初心者の方からワイン通のお客様にも好評です♪

こちらのワインのサイトを見ているとこちらのワインと良くあう料理は、
ポジョ・ア・ラ・ブラサ(炭火焼きローストチキン)と書いてありました。
私のバイトするお店では炭火焼きローストチキンが人気メニューなので、
美味しいワインとの組み合わせが良くてちょうど良かったです♪

でもこんなことを書いときながら、実は私ワインぜんぜん詳しくありません(爆)
なので、お勧めのワインがあったら是非教えてください!!
特に深みのあるどっしりとしたワインが好きですー。

・・今回学んだこと・・
赤ワイン vino tinto (ビーノ ティント)
白ワイン vino blanco (ビーノ ブランコ)
インク tinta(ティンタ)
白 blanco(ブランコ)

Facebookページもあります☆

スペイン語