苦しい!スペイン語圏でいざという時に助かる為の方法

スペイン語 病院 hospital

昨日、家族の付き添いで病院へ行ってきました。
結果的に大した事ではなかったのですが、
気になったら我慢せず病院へ行った方が良い
場合もありますね。
「備えあれば憂いなし」
海外旅行中に怪我をしたときや体調が悪くなった時も、
今回のスペイン語を知っていれば心強いです!

病院
hospital
(オスピタル)

医者 ←男性の場合
médico
(メディコ)

医者 ←女性の場合
médica
(メディカ)

英語でも病院は
hospital(ホスピタル)
で綴りは全く同じですね!
でも、スペイン語ではhを
発音しないので「オスピタル」
と読みます◎

また、別の言い方で

医者 ←男性の場合
doctor
(ドクトール)

医者 ←女性の場合
doctora
(ドクトーラ)

もよく使います(^^)
これは英語のドクターと同じですね!

海外の知らない土地に居て
いざ病院を探すとなると
結構大変そうです。
なので、親切そうな方に
きいた方が早そうです!

病院はどこですか?
Dónde está el hospital?
(ドンデ エスタ エル オスピタル)

Dóndeは「どこ」está「~です」
 という意味です。
もし、あなたがお医者さんで
スペイン語圏にいるとき
誰か苦しんでいる人に遭遇したら、

私は医者です。
Yo soy médico.
(ヨ ソイ メディコ)

Yo soy doctor.
(ヨ ソイ ドクトール)

※Yoは「私」soyは「~です」
と言って助けてあげる
事もあるかも知れませんね!
また、あなたが緊急病院へ
連れて行ってもらいたい
場合はこう言って相手に
助けてもらう必要があります。

救急車を呼んでください。
Llame a la ambulancia por favor .
(ジャメ ア ラ アンブランスィア
 ポルファボール)

※Llameは「呼ぶ」
 ambulanciaは「救急車」
 por favorは「お願いします」

いざと言う時は、一秒でも早く
救急車に来てもらわないといけません!
スペイン語でどうやって救急に電話しよう
何て説明すれば良いのだろう・・・
と考えている時間がないので、
「Llame a la ambulancia por favor !」
と言って誰かに助けてもらうのが
一番早そうですね。
あと、これは別に覚えなくても
良さそうな単語ですが、médicoで
辞書をひいていたら見つけて
しまったので・・・(笑)

やぶ医者
medicastro
(メディカストロ)

んー、使う時あるんでしょうか(笑)?
でもmedicastroかどうかは置いておいて
やはり、同じ診察を受けるなら
ちゃんとこちらの話をきいてくれて
シッカリ診てくれる良いお医者さんが
いいなあって誰でも思いますね。

私は風邪を引いたりすると
できるだけ早く病院へ行き
薬をもらいたいタイプなのですが
皆さんはどうですか?
これから季節の変わり目になるし
体調をくずさないように
気を付けてくださいね~!

合わせて読みたい:「お大事に」のフレーズ

・・・今日勉強したこと・・・
病院
hospital
(オスピタル)
医者 ←男性の場合
médico
(メディコ)

医者 ←女性の場合
médica
(メディカ)
病院はどこですか?
Dónde está el hospital?
(ドンデ エスタ エル オスピタル)

私は医者です。
Yo soy médico.
(ヨ ソイ メディコ)

救急車を呼んでください。
Llame a la ambulancia por favor .
(ジャメ ア ラ アンブランスィア
 ポルファボール)

Facebookページもあります☆

スペイン語