要注意!「雷が落ちた」ってスペイン語で言ってみた。

スペイン語 雷 rayo

こんばんは!@ヒロコです。
これを書いている現在、
雷がゴロゴロ鳴っています。
さっきまで外は静かだったのに
天気はいつも気まぐれですねー。
で、ゴロゴロを聴いていると
「そういえば雷ってスペイン語で
何て言うんだろう?」と思ったので
記事にしてみました!

雷、雷鳴
trueno
(トゥルエーノ)

雷、稲妻(イナズマ)、雷光
rayo
(ラヨ)

ふむふむ、なるほどー。
truenoには雷鳴、つまり
カミナリによって起こる
音の事も言うのですね。

また、rayoには
カミナリによって起こる
ピカッとした光の事も
意味するようです◎

ところでなんで稲の妻と書いて
稲妻なんだろうと疑問が浮かび
ちょっと調べました♪
太古の昔、稲の実がみのる時期に雷が多かった
事から、カミナリが稲の穂を実らせている
と信じられるようになり、それはまるで稲の妻
の様で「稲妻」と呼ばれるようになったのだとか。

あ、そういえば最近も
私の住んで居る周辺で
どこかにイナズマが落ちたようで
一瞬停電しました(><)
そういう時のフレーズはこれです↓

雷が落ちた!
Cayó un rayo!
(カヨ ウン ラヨ)

※Cayóは「落ちた」unは「一つの」です。

「カヨウンラヨ」ってなんか
テンポが良くてスルッと言える
気がします(笑)
ゴロゴロの音も恐ろしいですが、
カミナリが落ちる音は一層怖いです。

私の友達が以前体験した事ですが、
その子が自転車で道を走っていると
ハンドルの真ん中にズバッと
雷が落ちたらしいです!
その時しっかりハンドルのゴム製の
部分を握っていたから何ともなく
大丈夫だったらしいですが、
もし感電していたらと思うと
ホントに怖いです・・・!

私達も気を付けないといけませんね。

ところで、辞書にこんな言葉が載ってました。
怒り狂う
echar rayos
(エチャール ラヨス)

echarには「投げる」という意味があるので
直訳すると「雷を投げる」ですね。
うわあ~、なかなか迫力のある表現だなー
と思いましたコワイコワイ(^^;)

ちょっと似た日本語の言葉に
大声でどなって怒るという意味の
「雷を落とす」があります。

スペイン語でも日本語でも
雷は恐怖や怒りに例える感覚は
共通しているみたいですね!

雷が怖いです!
tengo miedo a los rayos!
(テンゴ ミエド ア ロス ラヨス)

※tengoは「持つ」miedoは「怖い」
 という意味です。

しかし、恐ろしいと思う気持ちとは
反対に雷鳴や稲光にちょっと
ドキドキする自分がいます・・・。
あなたは雷は苦手ですか?

・・・今回学んだこと・・・
雷、雷鳴
trueno
(トゥルエーノ)

雷、稲妻(イナズマ)、雷光
rayo
(ラヨ)

雷が落ちた!
Cayó un rayo!
(カヨ ウン ラヨ)

Facebookページもあります☆

スペイン語