空気の入れ替えや窓を開けて欲しい時に使えるスペイン語

スペイン語 窓 開ける 

春の優しい風が吹くこれからの季節、
花粉症がひどい方(私を含め)は
気をつけないといけない場合がありますが、
天気が良い日は窓を開けて、春の空気を思いっきり
部屋に入れたい気分になりますよね!

今日覚えたスペイン語で、

窓は ventana(ベンターナ)

開ける は abrir(アブリル)

といいます。

なので、相手に今自分が窓を開けることを伝える時は
「窓をあけるよ。」 Abro la ventana. (アブロ ラ ベンターナ)
逆に、相手に窓を開けてと伝える時は
「窓をあけて。」Abre la ventana.(アブレ ラ ベンターナ)

※動詞 abrir(アブリル)は、
 主語が「私」の場合 abro
 相手に命令する場合 abre
 に変化します。

このフレーズを覚えればお部屋の空気の入れ替えもバッチリできそうですね☆
ちなみに、私がバイトするペルー料理店の入り口横にある大きな窓は
開け閉めできるタイプではないので
「Abre la ventana!」と言っても
残念ながら絶対誰も反応しません(笑)

あと、家族やお友達等にあなたの部屋のドアをノックされて
入ってもいいときは、
「開けて!」 abre!(アブレ!) 
と言えばOKなので、abreは便利な言葉ですね~◎

私の実家は田んぼのど真ん中にあります。
なのでどこの窓を開けても、そこには田んぼが一面に広がっています!
皆さんの窓からは、どんな景色が見えますか(^^)?
ちなみに私の部屋の窓を開けてもマンションの渡り廊下しか見えません(笑)

・・・今回学んだこと・・・
窓 ventana(ベンターナ)
開ける  abrir(アブリル)

窓をあけるよ。」 Abro la ventana. (アブロ ラ ベンターナ)
「窓をあけて。」abre la ventana.(アブレ ラ ベンターナ)

Facebookページもあります☆

スペイン語