お菓子なスペイン語!海外で紹介すると喜ばれる日本の伝統クッキー!?

スペイン語 クッキー 飴 キャンディー

以前の記事で、スペイン語でケーキはパステルだとお話ししました◎
さて、今回は甘い物繋がりで飴とクッキーについて気まぐれに
ご紹介しようと思います。

スペイン語で、

飴、キャラメルは  caramelo(カラメロ)
クッキーは     galleta(ガジェタ)

といいます。
キャンディーやキャラメルの事をカラメロって
言うのは響きが似ていて凄く覚えやすいですよね♪
私は最初カラメロってきいたとき「カリメロ」を思い出しました(笑)
ちなみに、カリメロはイタリアのアニメで、こんなキャラクターです↓

k2f1e4is_mini
出典blogmarie.centerblog.net

卵の殻を帽子にしてるとこが何とも可愛いですよね!
昔はよくこのアニメを観ていました・・・懐かしいです。

話がそれてしまいましたね(笑)
私の居るペルー料理店では、子供のお客様が食べ終わった後
carameloをあげたりするのですが、皆甘~いカラメロが大好きみたいで、
目をキラキラさせながらどれにしようかなって楽しそうに選んでいます(^^)

クッキーは甘いお菓子のものは勿論、朝食なんかで
食べるクラッカーみたいなものもgalleta(ガジェタ)と呼んでいます。

では、スペイン語で「せんべい」は何というでしょうか??

正解は、galleta de arroz(ガジェタ デ アロス) です!
arrozは米という意味なので、要は米のクッキーですよね。
なので、あなたがスペイン語圏の方に日本の
「おせんべい」を紹介する時は、

日本のお米クッキー
galletas de arroz japonés.
(ガジェタ デ アロス ハポネス)

で伝わりそうですね☆※japonésは日本のという意味です。
私達が海外に行ったり、日本に居る海外の方とお話しする時に
向こうの事だけでなく、日本の文化や食べ物の事を紹介できる
と交流も深まるし喜んでくださるかも知れませんね!

・・・今回学んだこと・・・
飴、キャラメル  caramelo(カラメロ)
クッキーは    galleta(ガジェタ)

Facebookページもあります☆

スペイン語