ペルー3つの秘宝をスペイン語で言ってみよう!

スペイン語 ジャガイモ とうもろこし トマト

こんばんは!@ヒロコです。

3月20日に放送された
「世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?」ペルー特集
観た方も結構いらっしゃるみたいですね♪
私もシッカリ観ておりました(^^)
雲から突如現れるマチュピチュに感動したのは、
きっと私だけではないはずです!
実は番組の中で、ペルー3つの秘宝について語られていました!

その3つとは・・・・、


ジャガイモトウモロコシトマトです!!

スペイン語で

ジャガイモは papa (パパ)

トウモロコシは choclo (チョクロ) 

↑chocloはペルーやチリ特有の言い方みたいです。
※追記:もしくはmaiz(マイス)

トマトは tomate (トマテ)

といいます。

え~、なんだただのジャガイモとかじゃん・・・。
と思っているあなた!!
日本の代表料理である「肉じゃが」を美味しく作れることが
結婚条件として出てくるくらい、ジャガイモはとても大事ですよ!
「肉じゃが」を美味しく作れますか?
私は肉じゃが自体3回程しか作った事ないです・・・(笑)

今こうして私達が当たり前のようにジャガイモやトマトを食べれるのも、
ペルーがそれらの原産国であり、
大昔インカ帝国が技術を駆使し育てて来たからなのです!
インカ帝国にとって金銀財宝である黄金よりも価値のある宝、
それは自分達を生かしてくれる
ジャガイモやトウモロコシ、トマトだったのです。

ジャガイモがペルーからヨーロッパへ広まったのは
今から500年程前だと言われています。
トマトやトウモロコシも同じぐらいの時に、ヨーロッパに
伝えられました。

番組で、ジャガイモは3000種類あると紹介されていましたね。
私もその数字をきいた時はビックリしました!
私達が普通の食卓で目にするジャガイモの種類って
メークインか男爵くらいですよね(^^;)

今、ペルー料理店の料理を思い出してみたら、
確かにかなり色んな料理にジャガイモが入っていたり
添えられたりしています。
私なんで今まで気づかなかったんだろう(笑)

ちなみに、こちらはジャガイモを使ったペルー料理の代表
Papa a la huancaina (パパ・ ア・ラ・ ワンカイーナ)
ゆでたジャガイモにピリ辛のチーズソースをかけた前菜料理です。
写真はエルカルボンに許可を得てお借りしました。(実際にはオリーブも付くそうです)

huanca_menu

・・・今回学んだこと・・・
ジャガイモ papa (パパ)
トウモロコシ choclo (チョクロ) ←ペルー特有の言い方みたいです。

※もしくはトウモロコシはmaiz(マイス)
トマト tomate (トマテ)

Facebookページもあります☆

スペイン語

シェア&応援お願いします☆↓

4 件のコメント

  • 匿名 より:

    ペルーで使えるスペイン語が多いですね。マフラー、とうもろこしなんかは他の南米、スペインじゃ通じませんよ。ブログには「ペルーで使えるスペイン語」にしたほうがいいですよ。

    • hirohiroko より:

      コメントありがとうございます!早速手元にある辞書で調べてみたら、確かにスペインとは違う単語が結構ありますね。マフラーととうもろこしの記事に追記訂正させていただきました!
      あとできいたのですが、ペルーでもチョクロという人もいればマイスという人とで分かれているみたいですね。
      チリでもチョクロと使うそうですね。英語なんかも同じように大陸や国によって結構変わってくるのでしょうかね。

  • あれはんどろ より:

    中米だとトウモロコシは基本的に「Maiz」ですね。マフラーなどの防寒着は、基本常夏の国々にはございません。あ、高山地帯のあるメキシコにはポンチョがあるけどねぇ。正直私もマフラーって単語(bufandas)を今回知った単語だったりします。

    • hirohiroko より:

      ですよね~、確かに南米は暖かいところなので、マフラーとかは基本的に必要ないみたいですね(笑)!あ、そういえば「2013年上半期、これは聴いておけって勧めるラテンポップ20曲」ずっと探していた情報ですっごく参考になりました(^▽^)ありがとうございます!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です