寒い時つい口に出してしまう3つのスペイン語

スペイン語 寒い 単語 意味

こんにちは!@ヒロコです♪

これを書いている今は2月です。バレンタインデーも過ぎました!
おそらく一年で一番寒い時期ではないでしょうか・・・。
今も手先が冷たくてつらいです・・・。

というわけで、スペイン語で

「寒いです。」は 「Hace frio.」 (アセ フリオ)

と言います!

「寒い」という単語自体は「frio(フリオ)」なのですが、
「寒いです。」と相手に自分が寒いということを伝えるときは
「Hace frio.」と、頭にhace(アセ)を付けます。

こんな時期は、ペルー料理店のお店に来るお客様も
「Hace frio~!!」と言ってお店に入って来ます(^^;)
どの国の方もやはり寒いのは嫌みたいですね!
「Frio!Frio!」と連呼している方もいます(笑)

ちなみに、「すっごく寒い!」は

「Hace mucho frio!」(アセ ムチョ フリオ)

になります。

ちなみに、上記の言い方は前回のスペイン語での自己紹介の記事と違って、
これと言った丁寧な言い方などは、特にないとの事で、
目上の方にも気軽に使えるそうです!

最後に:
南米などの暖かい国で生まれ育った人達の場合、とてつもなく寒い時の表現方法が
またちょっと変わってきます。それは、

「me muero de frio!」(メ ムエロ デ フリオ)

です!

意味は「寒くて死にそう!」
とは言ってもこの言葉は日本語だとしてもあまり綺麗な言葉ではないので、
ものすごく大げさに言う時などに使う場合ですね!
自分で使わないにしても、使う人もそこそこいるらしいので、
意味を知る分には良いと思います。

合わせて読みたい:
スペイン語で暑いですの言い方は?

・・・今回学んだこと・・・
スペイン語 「Hace frio.」
読み方    アセ フリオ
意味    「寒いです。」

スペイン語 「Hace mucho frio!」
読み方    アセ ムチョ フリオ
意味    「すっごく寒いです!」

ポチッとしていただけると励みになります!

Facebookページもあります☆