甘いと辛い!異国の料理店で失敗しないスペイン語

スペイン語 甘い 辛い 形容詞

皆さんは甘党ですか?辛党ですか? 私は甘いのも大好きですが、辛いのも大好きです!! それでもやっぱり初めて食べる異国の料理は緊張します…。 好き嫌いは元々ないのですが、それでもびっくりしないように 把握しておきたいです。 今日覚えたスペイン語で、

甘いは dulce(ドゥルセ)

辛いは picante(ピカンテ)

といいます。 今日お店に来てくださったお客様が、 メニューを指差しながら 「es picante?」(エス ピカンテ?)  辛い? ときいていました。 その方は辛いものがちょっと苦手らしく、 辛くないかどうか知りたかったようです。 皆さんの中にも辛いの苦手な方がいたら、 海外のレストランで「es picante?」ってきいて 辛いかどうか確かめておいたほうが良いかもしれませんね! 見た目は普通でも食べたら激辛!!!っていう事もありますし(ー▽ー;) ペルー料理は辛いものも比較的多いですが 激辛というものは無いような気がします。 ちなみにペルー料理にもお客様に 「甘いデザートかと思っていたらピリ辛のポテトサラダだった!」 となるメニューが有ります。 以前にも写真を載せた事がある“カウサ レジェーナ”という大人気のペルー料理です。

カウサ

これが日本人にもペルー人にもとても大人気で作っても作っても すぐに売り切れてしまい予約待ちの状態です。 そして本題に戻りますが、 dulce(ドゥルセ)には「お菓子」という意味もあります。 例えば「お菓子の家」はcasa de dulce(カサ デ ドゥルセ) ※casaは家、deは~の、という意味です。 になります。可愛いスペイン語ですよね~♪ ちなみに、「casa de dulce」っていう名前の 手作りフェイクスイーツの雑貨のお店があります(*´v`*) 凄く可愛いお菓子の雑貨が沢山あって、今まさに お菓子の家を制作中だそうです!! こちらが、そのお店のブログです。 casa de dulceのブログへ☆

これがcasa de dulceの作品です♪

お菓子の家 スイーツデコ クッキー

なんだか、この写真をみたら無性に甘い物が食べたくなってきました! あったかいコーヒーと、甘~いdulceでちょっと休憩したいと 思います(ー▽ー)♪ ・・・今回学んだこと・・・ 甘い dulce(ドゥルセ) 辛い picante(ピカンテ) お菓子の家 casa de dulce(カサ デ ドゥルセ)

Facebookページもあります☆

スペイン語