君に伝えたい事がある!忙しい時に役立つ4つのスペイン語

スペイン語 宜しくお伝えください

クリスマスや年末、あなたはいかがお過ごしですか?
私はずっと仕事です・・(笑)
仕事納めって何ですか?仕事が全く納まりません!!

まあ、私の事はいいとして、
皆さんもやっぱり年末年始は慌ただしく過ごす事が多いの
ではないでしょうか?

そんな時期には、自分で直接相手に何かを伝える時間や機会が無くて、
「●●君に宜しく伝えておいてね!」
「●●さんに~って言っておいて!」
と他の人にお願いする場面も出てくるものですね。

では、スペイン語でこういう時は、
何と表現するのでしょうか?
さっそく見ていきましょう~♪

スペイン語で「伝える」は?

スペイン語 伝える decir

スペイン語で「伝える」という動詞は
「decir」になります。

伝える
decir
(デシール)

このdecirには、「伝える」の他に「言う」という意味でよく使われ、
以前の記事にも出てきました。
このスペイン語動詞は、日常会話でかなりよく出てきそうですよね!

そして、今日の大事なフレーズの
基本形はこれです↓

(彼・彼女に)~と伝えて
Dile a ~
(ディレ ア ~)

この「dile」って何だ?って気になりますよね。

dileはdecirの活用形にも無くて私も最初分かりませんでした。

が!調べてみると分かりました!
dile=di+le
だったんです♪

diはdecirが変形したもので、相手に
「言って」「伝えて」とお願いする
命令形の言葉になります。
leは「彼に、彼女に」という意味のスペイン語です。

で、このdiとleがくっついた言葉が

(彼や彼女に)伝えて
dile
(ディレ)

では!スッキリ解決したところで、リアルな例文を見ていきましょう。

宜しくお伝えくださいのスペイン語

スペイン語 宜しく

マリさんに宜しくお伝えください。
Dile que le mando saludos a Mari.
(ディレ ケ レ マンド サルードス ア マリ)

誰かに伝えて欲しい内容で、
「宜しくお伝えください」
「宜しく言っておいてください」
これが一番よく使うフレーズですね。

スペイン語では「~に宜しく」って何て言うんだろう?と気になった方も
多いみたいです。

ミカに、私に電話するように伝えてください。
Dile a Mika que por favor me llame por telefono.
(ディレ ア マリ ケ ポルファボール メ ジャメ ポル テレフォノ)

電話(telefono)のスペイン語

ミカに電話を掛けても出ない。
でも、話さなくてはいけない事がある。
そんな時は、ミカに会う予定がある人に
Dile a Mary que por favor me llame por tellefono.
と言って伝言をお願いする手があります!

リカルドに、私に書類を渡すように伝えてください。
Dile a Ricardo que me mande los documentos.
(ディレ ア リカルド ケ メ マンデ ロス ドクメントス)

私もそうですが、ついうっかり提出しないといけない書類を出し忘れていた
事ってありますよね?
そういう時に
「Aさんが書類渡してって言ってたよ」と
言われて、ああああ忘れてたあああ!!
と慌てたりとか・・(笑)

●●に愛してるよと伝えてください。
Dile a ●● que lo amo.
(ディレ ア ●● ケ ロ アモ)

※愛しているのスペイン語は?

この●●には、主にあなたの大切な家族など
名前を入れてください☆
本当は直接相手に気持ちを伝えれたら
良いのですが忙しかったりタイミングが
合わなかったりで、誰かに伝言をお願いする事もありますよね。

というわけで、今日は伝言を伝えるよう
お願いするフレーズでした。
この年末忙しいあなた!
是非今日のスペイン語を使って
一緒に乗り切りましょう(笑)

合わせて読みたい:
スペイン語で~と言ってたよ

スペイン語で伝えるまとめ

伝える
decir
(デシール)

(彼・彼女に)~と伝えて
Dile a ~
(ディレ ア ~)

マリさんに宜しくお伝えください。
Dile que le mando saludos a Mari.
(ディレ ケ レ マンド サルードス ア マリ)

ポチッとしていただけると励みになります!

Facebookページもあります☆