もう悩まない!動詞Gustarのみんなの疑問をバッチリ解決♪

スペイン語 me gusta

このブログを書いていると、
沢山の方からご質問やご感想の
メッセージをいただきます♪

コメントをいただいて私自身、
なるほどなー!これはもっと勉強
しないとな!とか気づかされる
ことが沢山あってとても勉強に
なっています(^^)

そんなご質問の中で特に多いのが
「Me gusta ○○ってどうして
ここがMeなの?この動詞の仕組み
がよく分からない・・。」
というものです。

そうなんですよねー、私も最初
この文法がよく分からなくて
なぁなぁで覚えていました(笑)

というわけで今回はこの不思議な
動きをする動詞「Gustar」について
解明して行こうと思います!

まず動詞gustarの意味は何?

実はこのgustarの意味やフレーズ
については過去の記事でお話し
したことがあります◎

おさらいをすると、

~が好きである
gustar
(グスタール)

という意味です。

このgustarを使うと
私はコーヒーが好きです
Me gusta el café
(メ グスタ エル カフェ)
という文章が作れます♪

「私は○○が好き」って、いつも
良く使うフレーズですよね!

なんでここがMeになってるの?

さて、ここからが本題なんです!
普通、動詞を使い「私は~します」
と言う時は
私はお肉を食べます。
Yo como carne.
(ヨ コモ カルネ)
みたいに動詞の前に主語の
「私は(Yo)」が来るものです。

なのに“Me gusta el café.”だと
動詞の前に「Me」が来るんですよね。

Meには「私を」という意味の他に
「私に、私にとって」という意味
がある単語です◎

本来主語のYoを使うはずなのに
このフレーズにはMeが入る・・・

えー?なぜ!?どうして??
私もそこにつまづきました(爆)

実はですねー“Me gusta el café”は
本当は「私は珈琲が好きです」という
意味ではないんですッ!!!
・・・というより、
Me gusta gatoを直訳すると厳密には
「コーヒーが私に好かれている」
になるのです!

コーヒーが私に好かれている。
Me gusta el café.
(メ グスタ エル カフェ)

こうして直訳をあてはめてみると
ここでMeが使われていることに
案外すんなり納得できますよね♪

本当の主語は私ではなくコーヒー!

スペイン語 動詞 好き

コーヒーが私に好かれている
Me gusta el café.

この文章の本当の主語は、
「私」ではなく「コーヒー」になります。

コーヒーというのは「物」なので、
動詞の活用で、ここでのコーヒーは
一人称の(私)gustoでも
二人称の(あなた)gustasでもなく
三人称の(彼、彼女、物)
になり動詞gustarが三人称の
「gusta」に変化しているんです◎

つまりですね、Me gusta el caféの
通常の意味の上では
「私はコーヒーが好きです」なので
主語が「私」ですが、直訳すると
「コーヒーが私に好かれている」なので
文法上の主語は「コーヒー」です!

なんだかまどろっこしいというか
遠回りな表現をしてるなーって
思いませんか(^^;)?

英語の「I like caffe.」
みたいに、ストレートな文法に
なっていれば分かりやすいのに
スペイン語だとちょっと仕組みが
違うんですよねー。不思議。。

しかもですね、こんな風に
通常の意味の上での主語と、
文法上の主語が違うスペイン語の
動詞は他にも数種類あるんです。

スペイン語gustarの仲間を探そう!

スペイン語を勉強する私達にとって
正直gustarのような動詞はもう無い
方が有難いですよね(笑)

でも他にもいくつかこんな動詞が
あるようですよ・・!
このさい折角の機会なのでgustarの
仲間の中でメジャーな動詞を確認
しておこうかなと思います◎

痛む
doler  
(ドレール)

興味がある
interesar
(インテレサル)

この2つもgustarと同じような
動詞の仕組みになっています。

お腹が痛いです。
Me duele la barriga.
(メ ドゥエレ ラ バリーガ)

私はパソコンに興味があります。
Me interesa computadora.
(メ インテレサ コンプタドーラ)

他にも、parecer molestar 
encantar aburrir などの動詞が
同じような文法の仕組みです(^^)

スペイン語圏の人はgustarを知らない!?

スペイン語 gustar

ちょっと余談なのですが、今回
gustarの詳細を書くに当たり、
スペイン語圏の友達にもお話を
きいてみたのですがビックリな事
を言われました!

私「gustarについてききたいです」
スペイン語圏の友達「gustarって何?」
私「え!?」
スペイン語圏の友達「え!?」

本当にこんな感じでした(爆)
そのスペイン語圏の友達は日本語も
とても上手な人なので、日本語で
gustarは動詞の原形であることや
活用のことをあれこれ説明すると、
「あー、Me gustaとかのあれね」
と理解してくれました。

その方曰く、
「そもそもスペイン語圏の人は
会話でいちいち動詞の原形とか
そんなこと一切考えないから
gustarは使わないし知らない。
gustaやgustasはよく使うよ」

本当に衝撃でした!!
でも、確かに!とも思いました。
日本人も日本語は当然ペラペラに
話せるし分かるけれど、文法の
仕組みや詳細について知っているか
というと違いますよね。

いちいち文法や言葉の規則について
考えながら会話してることなんて
殆ど無いと思います。

動詞gustarのように、
スペイン語には複雑でイレギュラー
な文法があるし、そこでみんな
深く細かく考えてしまうわけですが
なんだかスペイン語圏の人に
「gustarって何?」と言われた時
「考えすぎなくてもいいのかも(笑)」
と妙に肩の力が抜けました(^^;)

もちろん、文法の勉強をやれば
やるほど応用がきくようになるし
良い事いっぱいなのですが、
「わからないー!イライラするー!」
となって、スペイン語が嫌になるくらいなら
「ま、あとあとゆっくり考えるか」
とリラックスする部分がある方が
楽しくなる気がしました♪

——————————–

今日はgustarの徹底解剖でした(笑)
今回の記事の内容が分からなくても

私は○○が好き。
Me gusta ○○
(メ グスタ ○○)

とさえ覚えておけば、相手と会話
できるので大丈夫ですね(^^)♪

これからも気になったスペイン語
の文法について記事にして自分も
勉強できたら良いなと思ってるので
何かリクエストとか疑問とか
アドバイスとかあれば教えてくださいね。

動詞gustarのまとめ

Me gusta ○○
(メ グスタ ○○)
通常の意味では「私は○○が好き」
でも直訳すると「○○は私に好かれている」

だから文法上の主語は「私」
ではなく「○○」になる。

合わせて読みたい:
スペイン語のYoとMeの違いとは?
好き嫌いのフレーズ
興味がありますのフレーズ
スペイン語で○○が痛いの言い方

ポチッとしていただけると励みになります!

Facebookページもあります☆

シェア&応援お願いします☆↓

12 件のコメント

  • Shu より:

    『私はコーヒーが好きです。』の「が』も結構変ですよね(*´▽`*)

    • ひろこ より:

      そうですね、日本語にも色んな言い回しがありますよねー♪

  • Keita より:

    ブログにも書いて下さってありがとうございます!
    メールをお送りしました、暇なときにチェックしてみてください^ ^

    • ひろこ より:

      こちらこそご質問のメールありがとうございます!
      gustarのフレーズは私も最初不思議でしたし、
      他の方でもgustarに関するご質問が多かったですので
      今回ブログにさせていただきました♪

  • tomoco より:

    こにちはー♡その文法に不思議すら感じず覚えてました‼︎w
    確かに面白い表現ですね♪私たち日本人もいちいち動詞の原型なんか考えながら話しませんもんね… スペイン語もそんなふうにいつか話してみたいなぁと思いました(^o^)

    • ひろこ より:

      こんにちは(^^)
      ほんとに最初の最初は「メグスタ○○」とだけ単純にフレーズとして覚えて使っていたのですが
      少しずつ文法を勉強してゆくと逆につまづいたりします(笑)
      スペイン語圏の方のように、色々考えなくても自然にスペイン語が出たら良いのにーって思いますね!

  • Sentimiento より:

    はじめまして、楽しく読ませていただきました。
    スペイン語圏の人の「Gustarって何?」という発言、私もびっくりしました。文法の構造よりも、そっちが物凄くインパクト強くて(笑)
    私はアルゼンチンに行ったことがあるんですが、よく向こうの人に「Te gusta? Te gusta?」「これ気にいった?」と言った感じで良く尋ねられたりしたのを思い出します。Me gustasとかTe gustoといったフレーズなんかも耳にしました。アルゼンチンではYoはショ(shの発音)になったり、túの代わりにvosを使ったり(動詞活用はtúと違うところと同じ所が混ざってます)他の地域とは少し違うところが面白かったです。
    LLもshの発音になるので、テイクアウトするの?とお店の人に聞かれた時も、最初は「パラシェバール?」って言ってくるので何のこっちゃ?と思って、後で調べたら「para llevar」のことね、と判明したり・・・。アルゼンチンスペイン語ネタは他にもいろいろストックがあります(笑)

    • ひろこ より:

      そうですよね、スペイン語圏の方の発言は衝撃でした(笑)
      アルゼンチンではYoをショって発音するんですねー!
      これは国により「ジョ」って言うことが多かったり、「ヨ」だったり特徴が出てくるところみたいですね♪
      スペイン語の文法も、国によって違うこと結構あるんですね。
      túの代わりにvosを使うなんて、驚きです!!
      アルゼンチンのこと、私はまだ殆ど知らないので、他にもスペイン語ネタとか文化のこととか色々
      教えてもらえたら嬉しいです!!!これからもどうぞ宜しくお願いします(^▽^)

  • Keita より:

    ひろこさん

    結局、gustarの日本語の意味を
    「好きにさせる、好きにならせる」と覚えてしまえばいいのかと最終納得致しました。

    英単語のsurpriseは驚くではなく、驚かせるなので、自分が驚くときは
    I’m surprised.と受け身にするというと同じようにすればいいという考え方で行くと、楽になりました。

    スペイン語を英語、日本語両方で勉強すると、中々自分には効果的です。グーグルなどの翻訳も、スペイン語⇄日本語だとめちゃくちゃですが、español⇄English だとかなり正確に翻訳してくれます。

    ありがとうございます。
    ケイタ

    • ひろこ より:

      ケイタさん

      そうですよね♪
      こちらの考え方の角度を変えてみると
      意外にスッと納得できることありますよね!

      日本語→スペイン語
      だと、確かに言語が全く違いすぎて
      一から学ぶ感じですが、
      英語→スペイン語
      では、もとは同じラテン語からきている言語なので
      やはりどこかしら似ていることも多いですね(^^)
      でも私はその英語があまりできないという(笑)

      こちらこそいつもありがとうございます!

      ヒロコ

  • yuta より:

    dolorは「痛む」ではなく「痛み」ですよ。
    dolerが「痛む」です。

    • ひろこ より:

      ありがとうございます!訂正いたしました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です